Category [その他いろいろ ] 記事一覧

スポンサーサイト

ボスニア絨毯

バシュチャルシヤは職人の工房、土産物屋や食べ物屋がひしめくサラエボ観光の目玉です。以前、絨毯屋の知人がひっそり店をたたんでいてがっかりしたということを書きました。でも後日、別の場所に発見して嬉しくなりました。小さい店舗になってはいましたが、店を畳んでいなくてほっと一安心。「商売はどう?」の質問に渋い顔。「う~ん、観光客もあんまり買ってくれないんだ。みんなお金がないんだね。買うとしても、値段の安いち...

ボスニア・ヘルツェゴヴィナみやげ

ボスニア・ヘルツェゴヴィナのお土産にこんなものはいかがでしょう。DR.PASHA(ドクター・パシャ)の手作り天然石鹸。自然の原料にこだわって作られた8種類の石鹸。  ラベンダー ミント コーン&ユーカリ ハチミツ ポピー&シナモン コーン&ミント コーヒー&クローブ コーヒーアロマそれぞれ効用がありますが、どれもお肌にやさしい石鹸です。石鹸として使うのはもちろんですが、部屋に置いておくだけでもいい香り。大き...

古きものと新しきもの

サラエボのバシュチャルシヤと言えば、職人街として、またサラエボ観光の目玉としても知られています。オスマン帝国時代に開けた商業地区。様々な職人が店を構えています。今もその面影を残す街並み。そんなバシュチャルシヤも時代の波に押されて、変わりつつあります。昔はその職種ごとに通りが振り分けられ、今ある通りの名はまさにその職を冠したもの。しかし昔ながらの職人の店はだんだん姿を消しつつあり、通りの名とは縁もな...

before&after

前回は廃墟ホテルを紹介しましたが、今回は廃墟つながりで、最近再生された建物の写真を載せてみます。政府関連の建物2002年  数年後2009年サラエボ包囲下でも発行を続けた根性の新聞社、オスロボジェーニェ社の旧社屋 廃墟を取り壊して、ライバルのアヴァズ社が新しいビルを立てました。オスロボジェーニェ社は見下ろされる形になっています。社屋がにらみ合ってますが、この2社は犬猿の仲で紙面上でもお互いに足を引っ張り合っ...

泊まれないホテル?

サラエボには色々なホテルがあります。数あるホテルの中でも一風変わったホテルを見てみましょう。①ホテル「ザグレブ」かの有名なホテル「ホリデイ・イン」から程近く。トラムも通る大通りに面していて立地はいいです。でも見ての通り窓もありませんので、残念ながら宿泊はできません。壁にはコンサートのポスターがベタベタ重ね張り。ゴミ溜めのようになってしまっているので、立ち入り禁止!②ホテル「ブリストル」こちらも大通りに...

ボスニア・ヘルツェゴヴィナの手工芸品

BHcraftsはボスニア・ヘルツェゴヴィナの女性による手工芸品を製作、販売している団体です。サラエボの旧市街、バシュチャルシアにお店があったと記憶しています。以前紹介した毛糸の靴下以外にも、様々な手工芸品があります。ホームページでは、カタログや製品の写真を見ることができます。独特の模様が編みこまれた素敵な手工芸品、けっこうなお値段します。私に手が届きそうなのは手袋と靴下くらいです。ボスニア土産にいかがで...

ご案内

プロフィール

イエティ

Author:イエティ
BiHとはボスニア・ヘルツェゴヴィナ(Bosna i Hercegovina)の略です
日本人にはまだまだなじみのない国、BiHへの観光客が増えるといいなと思いつつ、地味に情報発信中
ご質問、こんな情報があったらいいな~といったご感想など、コメントやメールフォームでお寄せください

最新の記事

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 現在時刻

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。