Category [カフェ ] 記事一覧

スポンサーサイト

こういうのを待ってたんだよ

最近は飲食ネタが続いているこのブログ。もう少しお付き合いください。前回、ホテルのカフェで紅茶を頼んだらティーパックで出てきたことに触れましたが、サラエボ始めボスニアのカフェでお茶(ハーブティーが多い)を頼むとたいてい市販のティーパックで出てきます。なんとも面白味がない。市販のお茶ならカフェでなくとも自分の家で飲めるじゃないか!コーヒーはエスプレッソやカプチーノなどが一般的ですが、これもたいてい製造元...

ちょっと優雅にお茶でも

こんなカフェに来てみました。広々とした空間。それほど客はおらず、ビジネスマンや一人で静かにくつろぐ人などなど。おじいちゃんグループが政治談議でもしているのか、楽しそうにおしゃべりしていました。ホテル・ヨーロッパのカフェ・ウィーン。最高級ホテルなので気が引けて入りづらいなとも思ったものの、目的のためには心を決めて行ってきました。今回のお目当てはこちら。トゥファヒヤというりんごを煮詰めたオリエンタルな...

Rahatlookカフェでまったり

先日ブログ記事(人も歩けばカフェにぶち当たる)で紹介したカフェ、Rahatlookにまた何度か足を運んできました。こちらはボスニア・コーヒー(いわゆるトルコ・コーヒー)。コーヒーは細かく挽いてあって、粉を煮詰めて漉さずに飲みます。粉がいい具合に沈んだところで飲みます。粉のドロドロしたのを飲まないようにご注意。コーヒーセットはお店の特注かな。お店の雰囲気に合ったかわいらしいデザイン。ラハト・ロクムというトルコ起...

人も歩けばカフェにぶち当たる

ボスニア・ヘルツェゴヴィナに限らず周辺国でもそうですが、道を歩けばとにかくカフェ、カフェ、カフェ。統計はないでしょうが、人口に対してカフェの占める割合はいかほどか!?それほど住民一人当たりのカフェ率が高いのです。都市部ではどの通りにも必ずカフェがあるもので、一種の社交場みたいなものでしょうか。サラエボっ子はたいてい自分の行きつけカフェを持っています。そこにはたいてい顔なじみがいて、「最近どうしてる...

こんなウマイものが食べられぬとな!?

老若男女、甘いものが好きなBiHの人々。ケーキ屋兼カフェではいろんな年代の人たちがケーキを食べている姿を見かけます。日本の繊細なケーキからすると、こちらのケーキは味も見た目も素朴感が溢れています。私はお菓子を作るのは好きですが、食べるほうがもっと好き。中でも、手軽にできるチーズケーキには目がありません。久しぶりに作ってみました。見た目は良くないですが、味には自己満足。チーズケーキ、BiHの人々というか私...

ボスニア喫茶 dibek

ずいぶん前、お気に入りカフェについて書いた。今日は、もう一つのお気に入りカフェを紹介!  カフェ、dibek(ディベック)。 夏場は中庭のテラス席のソファにどっかり 座るのがいい。 内装も音楽もオリエンタルな雰囲気のお店。   店内もソファにクッションが置いてあって、 ゆったりできる。  お気に入りは ハーブからつくられるジュース、 ボスニア・コーヒー、トルコ・チャイ(お茶)   ナルギラ(水タバコ)も置い...

ご案内

プロフィール

イエティ

Author:イエティ
BiHとはボスニア・ヘルツェゴヴィナ(Bosna i Hercegovina)の略です
日本人にはまだまだなじみのない国、BiHへの観光客が増えるといいなと思いつつ、地味に情報発信中
ご質問、こんな情報があったらいいな~といったご感想など、コメントやメールフォームでお寄せください

最新の記事

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 現在時刻

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。