Category [たべもの ] 記事一覧

スポンサーサイト

いっぷくのよろこび

街中を歩き回って、疲れて一息つきたいな~と思ったとき、自然と足が向くところ。サラエボのカフェではなかなかお目にかかれないチーズケーキ。ブラックベリーのソースがこれまたチーズケーキによく合うもんだ。ひと口、またひと口、大事に味わう。紅茶を飲んでほっと一息。生き返るなぁ。Torte i toはチーズケーキが自慢のカフェ。禁煙の店内では思いっきりくつろげる。読書しながらでも、インターネットしながらでも、おしゃべり...

大衆食堂

レストランは高いし、なんだか入りづらい。もっと安くで気軽にごはんを食べたい。チェヴァプチチやピタ以外のものが食べたい。そんな庶民の味方が大衆食堂(aščinica)ボスニアの煮込み料理がお手ごろな値段で食べられます。こちらは玉ねぎの肉詰め、ソガン・ドルマ。これで4KM(約2€)也。他にも、パプリカの肉詰め、サルマ(ロールキャベツに似た料理)、ボスニア風シチューなどなど種類も色々。煮込み料理は日本人の...

pita ispod sača

ピタ(pita)はBiHでよく食べられるもののうちの一つ。ファストフード感覚で食べられています。パイ生地に色んな具を入れてくるくる巻いたのをオーブンで焼きます。過去の記事でもピタについて書いたので、そちらもご覧ください→過去の記事ピタの店はサラエボ市内でも数あれど、ピタを焼くのに使われるのはほとんど電気オーブンだと思われます。そんな中、サッチ(sač)という釜のようなものを使って焼かれたピタは「pita ispod s...

食べたくなるなる!

ふとした瞬間、無性に食べたくなるものってありませんか。この間、出かけてお腹が空いてきたときにピザが食べたくなりました。久しぶりにピザを・・・と思って立ち寄ったのはサラエボ旧市街の青空市場横にあるピザ屋「AGO」ここのピザはすごく安い。一番手ごろなマルガリータは2.5KM(約1.3ユーロ)。なんちゃってマルガリータですが、これ1枚でたったの2.5KMです。一番「高い」ピザでも4KM(約2ユーロ)です。AGOでは...

チェヴァプチチ

ボスニアのファストフード、チェヴァプチチ(ćevapčići)香辛料が効いた肉団子を、ソムンと呼ばれるパンと生たまねぎのみじん切りとともに食す。5個入りか10個入りで注文。店によっては15個入りもある。日本人の胃袋には5個で十分。かなりお腹にたまる。肉と玉ねぎの強い味の口直しなのか、ヨーグルトと食べられることが多い。食後口臭がきつくなるので、その点は気をつけたほうが良い・・・。ボスニアのどこに...

はるばるインドネシアからボスニアへ! (後編)

前回は、ボスニアでは貴重なインスタントラーメン(↓インドネシアのですが)を買って食べた喜びについてお伝えしましたが、その話の続きです。インスタントラーメンといえば日本が本家なんだし、種類も豊富でおいしい日本のインスタント食品がこちらでも手に入ればればいいのに・・・とよく思います。しかしちょっと考えなければいけない点が。上の写真にもう一度注目。前回の記事にMic'oさんからもコメントいただいていますが、袋...

ご案内

プロフィール

イエティ

Author:イエティ
BiHとはボスニア・ヘルツェゴヴィナ(Bosna i Hercegovina)の略です
日本人にはまだまだなじみのない国、BiHへの観光客が増えるといいなと思いつつ、地味に情報発信中
ご質問、こんな情報があったらいいな~といったご感想など、コメントやメールフォームでお寄せください

最新の記事

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 現在時刻

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。