Archive [2008年07月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

サラエボの宿

昨今サラエボでは旅行者向けの宿泊施設がどんどん増えてきている気がしますが、こんなホステルがサラエボにあるみたいです。その名もHostel City Center Sarajevo(リンク先ページは英語表記)いわゆるバックパッカー向けの宿。宿はサラエボ観光の中心となる旧市街に位置しています。部屋は4~10名のドミトリーからシングル、ツインなどなど。料金は12ユーロからですが、部屋のカテゴリーやシーズンによって異なります。(詳細は...

直前に大ニュース

ただいま。夏休みで日本にいます。サラエボを発つ直前にカラジッチ(旧ユーゴ戦犯法廷から訴追されていた)逮捕のニュースが出てきて、ニュースを気にかけながら日本へやってきました。カラジッチ逮捕の一報が流れた夜は雨が降ってかなり寒かったのですが、サラエボ市内は市民の歓喜にあふれていたようです。・・・ようです、というのは私はぐっすり眠っていてまったく知らなかったため。翌日の朝、クロアチアのテレビをたまたまつ...

スヴルゾの家

もう一つのサラエボの観光スポット、スヴルゾの家を紹介します。こちらが入り口です。入り口横には見取り図と解説が書かれています。この家はオスマン帝国支配時代のボスニア・ヘルツェゴヴィナにおける代表的な住居の一つ。この家は1640年から存在していたものの、火事にあって18世紀に再建されたそうです。興味深いのは、selamlukと haremlukという二つの空間に分かれていること。selamlukには男性客を迎え、おもてなしする空間...

サラエボ シティバス

今日はムシムシして過ごしにくい日でした。この湿気は東京にいるのと変わらない気がします。今日のサラエボ、フェルハディヤ通りこんなバスを発見。前から気になっていたサラエボのシティバス。大手バス会社のCentrotrans社が運行しています。私はまだ乗ったことがないのですが、パンフレットやホームページの情報によると、カトリック大聖堂前をスタートしてアリパシナ・モスク、スケンデリヤ、サラエボ市庁舎(旧国立図書館)、コ...

ユダヤ博物館-古いシナゴーグ

先日サラエボにあるユダヤ博物館に行ってきました。去年書いた日記では博物館の隣にあるギャラリーの展示の様子を載せましたが、今回は博物館について。博物館の建物(もとはシナゴーグだったもの)。ちなみにこの写真は去年の冬に撮ったので、季節感がちょっとおかしいですね。内部はこんな感じですもともと博物館ではなくシナゴーグだったのもあって厳かな雰囲気。1492年スペインやポルトガルから追い出されたユダヤ人たちがバル...

ご案内

プロフィール

イエティ

Author:イエティ
BiHとはボスニア・ヘルツェゴヴィナ(Bosna i Hercegovina)の略です
日本人にはまだまだなじみのない国、BiHへの観光客が増えるといいなと思いつつ、地味に情報発信中
ご質問、こんな情報があったらいいな~といったご感想など、コメントやメールフォームでお寄せください

最新の記事

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 現在時刻

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。