Archive [2009年04月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

イースター(Vaskrs)体験

19日日曜日は知人の親戚宅のイースター(復活祭)のお祝いの食事に呼んでもらいました。先日触れましたが、カトリックとセルビア正教ではイースターが別の日になったり同じ日になったりします。ちなみにBiHでは、カトリックではイースターをUskrs、セルビア正教ではVaskrsと呼びます。どちらにおいても、生命の象徴である卵、イースターエッグがお祝いの席に並びます。ゆで卵なんですが、色や模様がついています。伝統的には玉ねぎ...

オアシス 続き

延々と続く並木道を行く。鳥のさえずりを耳に、歩いても良し。馬車に揺られるも良し。その先には公園。くつろぐ公園の住人たち。透きとおる水。緑色のコントラストと澄んだ水に目を奪われる。とうとうと流れ出す水。そう、ここはボスナ川の水源地帯。公園一帯が水源を守るために保護区域になっている。Vrelo Bosneと呼ばれている、サラエボのオアシス。...

オアシス

しとしと小雨が降る土曜日。人はまばら。鳥のさえずりと水のせせらぎが心地よい。マイナスイオンいっぱいのオアシス。空気を思いっきり吸ってきた。さて、ここはどこでしょうか。答えは次回に。...

不況の煽りなのか・・・

今日の新聞記事からちょっと気になる情報。どちらも交通機関に関するもの。先日はサラエボ市内交通機関がストライキで一日ストップしたことを書きましたが、今度はボスニアの半分側であるBiH連邦の鉄道局員によるストライキ。昨日は警告の意味で1時間ストライキが行われたそう。しかし今月29日にゼネストが予定されています。この日に電車を利用しようと考えている人がいたら注意が必要です。ただ、電車が動かなきゃバスという...

4月のできごと

最近は晴天に恵まれ、暖かいお散歩日和が続いています。外を歩けば、草花が目を楽しませてくれます。さて、4月は様々な宗教行事があります。まずはユダヤ教の過ぎ越し(ペサハ)のお祭りが8日から8日間。これは、エジプトで奴隷となっていたユダヤ人たちがエジプトを脱出して自由の身となったことに由来するお祝いです。セデルという最初の夜の食事は、ハガダという順序を示した書物に則って行われます。ちなみにサラエボには「サ...

この頃のサラエボ

ここ最近ポカポカと暖かい日が続く。やっと来た春。草木が目を楽しませてくれ、花の香りに癒され、心もあったかくなる。街の雰囲気もどこか明るさが感じられる。「あ~、やっぱ春はいいなぁ」なんて思っても、サラエボではのん気にしてられません。以下、思うままにつらつらと独り言。...

素敵なお店!BADEM

日本の食卓に欠かせない、畑の肉といえば・・・大豆。女性にとっては特に大事な食品ですよね。こちらではあまり馴染みがない食べ物。ある店で大豆を発見した日にゃ、もう狂喜乱舞ですよ。ということで即買いしました。↑写真左側は炒り大豆(塩味付き)で、お隣のセルビアが製造元。このままポリポリ食べられてうまいです。右側は炒っていない大豆。マケドニアから来ています。こんな嬉しい食べ物を売っているのはこちらのお店。サラ...

ご案内

プロフィール

イエティ

Author:イエティ
BiHとはボスニア・ヘルツェゴヴィナ(Bosna i Hercegovina)の略です
日本人にはまだまだなじみのない国、BiHへの観光客が増えるといいなと思いつつ、地味に情報発信中
ご質問、こんな情報があったらいいな~といったご感想など、コメントやメールフォームでお寄せください

最新の記事

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 現在時刻

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。