FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こだわり

犬も歩けば何とやら。
サラエボはカフェが多い。
どの通りにも必ずカフェがある。

暖かくなると、どのカフェも店先にテラス席をつくる。
みんな外の席に座るのが好きだ。
客は友人とおしゃべりに花を咲かせたり、通行人を眺めたりして楽しむ。

友だちとのおしゃべり、街歩き途中の休憩、恋人たちのデート、果ては仕事つながりの話し合いにも利用されるカフェという場。

カフェ、と一口に言ってもいろんなカフェがある。客層も違ったりする。
ポップな音楽がガンガンかかる若者のたまり場、大人の集まる落ち着いた雰囲気のウィーン風カフェ。
置いてある飲み物にそんなに大差はないが。
軽食やケーキを扱ってるかどうかは店による。

サラエボの旧市街、バシュチャルシヤのカフェでは、ボスニア・コーヒーという名のコーヒーを置いている所もある。
要はトルコ・コーヒーのこと。


廃業するカフェあれば、新装開店するカフェもあり。
サラエボっ子はみんなたいてい自分のお気に入りカフェ、行きつけカフェを持っている。

私は最近お気に入りのカフェを見つけた。
去年開店した2つのカフェ。
内装とかコンセプトは違うけど、居心地が良くて気に入った。
実はその2つのカフェはオーナーが同じであることがわかった。

今回はそのうちの一つの写真を。
RIMG1577.jpg

ブックカフェ。店内には本が置いてあり、自由に手にとって読める。
音楽もうるさくない。
ソファが置いてあり、ゆったりくつろげる。
クッションも付いたソファの座り心地は最高。
飲み物一杯でも長居したくなる。
背もたれのないイスしか置いていないカフェはくつろげないから好きじゃない。
RIMG1578.jpg

他のカフェではなかなか置いていない、ハーブなどから作るジュースがあるのもいい。
お茶も他の店に無い、ちょっと変わったのを置いている。

トイレも清潔。
これってポイント高い。
そんなわけで、上に挙げたような理由から私のお気に入りカフェに認定。

RIMG1579.jpg

実は店のちゃんとした名前と住所を知らない。
検索してみたけどホームページは無いようだ。
場所はサラエボ事件現場からすぐ近く。
フクロウがトレードマークなので、SOVA(フクロウの意味)が店の名前だったかも。

Comment

 

雰囲気がボスニア版ルノ○ールみたいですね(^^)
オシャレな感じのカフェでも音楽や話し声が煩くて閉口する事が多いので、こういうカフェは読書好きな人などに重宝されそうですね。取材とかにも最適かも。

長居できると言う事はきっと禁煙なのでしょうね。
以前ご一緒したカフェのオーナーの話を新聞で読んだ事がありますが、ヘビースモーカーの多いサラエボ(ボスニア)では「禁煙カフェは流行らない」と思われていたりしてたみたいですね。
(もしかしてお気に入りのカフェと↑のカフェのオーナーは一緒かな、と思ったり)
まあ、実際にカフェ禁煙が始まったクロアチアでは売り上げがかなり落ちていたりもするみたいですけど、客足が落ちたのはは禁煙カフェだからじゃなくて、元々の顧客がスモーカーだったからでしょうね。

こちらにもこういう風にマッタ~リできるカフェがあるといいんですが、カフェの客層が多様化しないと難しいですね。お家カフェで我慢しておきます☆
  • posted by Mic'o 
  • URL 
  • 2009.06/08 09:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

Mic'oさんへ 

カフェとタバコは切っても切れない関係にあるように言われつつ、西ヨーロッパ諸国はじめ、カフェでの禁煙が導入されて、クロアチアも続きましたね。
いずれはBiHでもと言われてますけど、いつになるのやら・・・。

残念ながら、私のお気に入りカフェは灰皿が置いてあったので禁煙じゃないみたいです。
禁煙だったら言うことなしなんですが。
まだ2回しか行ってないんですが、そこはスモーカー率が低い気がしました。
ソファにどっかり座って読書を楽しめそうなカフェです。

同じオーナーのもう一つのカフェについては写真を取れたらブログに書こうかなと思っていますが、トルコチャイや水タバコなんかを置いていて、内装から音楽からトルコ風カフェです。

この間ご一緒したサラエボ唯一の禁煙カフェ(兼ケーキ屋)はうまいこと行っているのか、最近オープンしたショッピングセンターにも店舗を展開したようですよ。
この国で馴染みのないチーズケーキを出すのももちろんですが、禁煙を導入したのは勇気ある試みだなと思います。
子を持つ親御さんには、安心して子どもを連れてこられるのがいいと思います。

星の数ほどはないにせよ、これだけ街にカフェがあるなかで、それぞれもっと特徴を出せばいいのになぁと思います。
もっとコーヒー豆とか茶葉にこだわって、インスタントじゃない本格派の飲み物を扱うカフェができてほしいものです。

お家カフェ、いいですね!
一軒家の人は庭に、アパートならベランダにテーブルとイスを出してみなさんコーヒータイムを楽しんでますが、一番の贅沢だと思います。
Mic'oさん、これを機にマッタリできるカフェを開業してみますか!?なんて。
  • posted by イエティ 
  • URL 
  • 2009.06/08 22:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

イエティ

Author:イエティ
BiHとはボスニア・ヘルツェゴヴィナ(Bosna i Hercegovina)の略です
日本人にはまだまだなじみのない国、BiHへの観光客が増えるといいなと思いつつ、地味に情報発信中
ご質問、こんな情報があったらいいな~といったご感想など、コメントやメールフォームでお寄せください

最新の記事

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 現在時刻

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。