Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rahatlookカフェでまったり

先日ブログ記事(人も歩けばカフェにぶち当たる)で紹介したカフェ、Rahatlookにまた何度か足を運んできました。

こちらはボスニア・コーヒー(いわゆるトルコ・コーヒー)。
コーヒーは細かく挽いてあって、粉を煮詰めて漉さずに飲みます。
粉がいい具合に沈んだところで飲みます。
粉のドロドロしたのを飲まないようにご注意。
bosanska kafa-rahatlook
コーヒーセットはお店の特注かな。お店の雰囲気に合ったかわいらしいデザイン。
ラハト・ロクムというトルコ起源のお菓子(写真の、粉まみれの四角いの)が付いてきます。


ジュースもいろいろ揃えてあるみたいですが、前回紹介したZOVAというハーブ・ジュースの他にバラのジュースもありました。
sok ruza-rahatlook

他にはトウモロコシの粉から作られるBOZAというクセのある独特なドリンクも。
普通のソフトドリンク他、絞りたてフレッシュジュース類もあり。
お茶の種類もいろいろあって、お土産用の販売もしています。

デザートはケーキ類、クレープ、アイスクリームなどなど。
お店の人に勧められたのはこちら。皇帝のミックス・ケーキ パンケーキ。
carski drobljenac-rahatlook
なんでも、オーストリア皇帝のフランツ・ヨーゼフがあるとき真夜中にお腹をすかせ、料理人にすぐに食べられるものを作るように命じました。
そこで料理人が編み出したのがフルーツ・オムレツとパンケーキの中間にあたるこんなデザート。
そしてオーストリア・ハンガリーでポピュラーなデザートになったそうで。

ホントかどうかはわかりませんが、そのオリジナルレシピを再現して提供。
トッピングはお好みで。ジャムでもチョコレートでも。


このほかにも、自分のオリジナルデザートを作れるんです。
フルーツや、ジャム、チョコレート、アイスクリームなどを好きなように組み合わせて自分だけのデザートを作れるという嬉しさ。
また新しいメニューを試しに行ってきます。

英語のメニューも置いてあるようなので、詳しくはお店の人に気軽に聞いてみましょう。

Comment

カイザー・シュマレン 

ホットケーキを、サイコロに切ったお菓子は「カイザー・シュマレン」。オーストリアでは、ポピュラーなおやつです。甘酸っぱいフルーツソースをかけて食べると、それでおなかいっぱいになります。サラエヴォでも、あるのですね。
  • posted by 杉江 真理子 
  • URL 
  • 2010.07/25 11:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

杉江 真理子 さま 

さすがはオーストリア通の杉江さん!
「カイザー・シュマレン」ですか。
シュマレンはホットケーキのことだそうですね。つまりは、皇帝のホットケーキなんですね。
また一つ勉強になりました。

サラエボではオーストリアの名残のある食べ物があまりないので、これはなかなか珍しいです。
もしかしたらサラエボのウィーン・カフェにはあったのかもしれませんが・・・。
おやつのつもりで食べたらこれだけでお腹いっぱいになりました。

このカフェでカイザー・シュマレンとトルコ・コーヒー(ボスニア・コーヒー)を一緒に頼んだのですが、東西文化の入り混じったサラエボらしさをしみじみと味わいました。
  • posted by イエティ 
  • URL 
  • 2010.07/25 23:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

イエティ

Author:イエティ
BiHとはボスニア・ヘルツェゴヴィナ(Bosna i Hercegovina)の略です
日本人にはまだまだなじみのない国、BiHへの観光客が増えるといいなと思いつつ、地味に情報発信中
ご質問、こんな情報があったらいいな~といったご感想など、コメントやメールフォームでお寄せください

最新の記事

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 現在時刻

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。