Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月5日

先日の日記の続きです。
日づけが前後しますが、4月5日という日についてです。


1945年4月5日17:30、人民解放軍のムスリム部隊16人の兵士が写真(上)に写っているヴィシェグラド門(visegradska kapija)からサラエボの街に入りました。
他の部隊とともに、4月6日にサラエボ解放に成功しました。
このときの人民解放軍(パルチザンとも呼ばれます)の犠牲者は642人、2020人が負傷したそうです(6日付のOSLOBODJENJE紙による)。

門の横には写真(下)のように、その記念碑があります。
4月6日には記念として献花が行われました。


visegradska kapija

visegradska kapija

一方1992年4月5日には、議会ビルのすぐ近くのヴルバニャ橋で2人の女性がスナイパーの狙撃により亡くなっています。彼女たちが初の犠牲者だと言われています。(注;前回の日記では6日に最初の犠牲者が出たと書きましたが、新聞では5日とも書かれていてどうもあいまいです。詳しくわかったら追記しようと思います。下調べ不足ですみません。)

橋の中央には犠牲者の名を刻んだプレートがあります(写真)
女性の一人はクロアチアのドゥブロヴニクから来ていた医学生、もう一人は2人の子どものお母さんだったそうです。
4月5日にはここでも献花が行われたようです。
vrbanja橋

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

イエティ

Author:イエティ
BiHとはボスニア・ヘルツェゴヴィナ(Bosna i Hercegovina)の略です
日本人にはまだまだなじみのない国、BiHへの観光客が増えるといいなと思いつつ、地味に情報発信中
ご質問、こんな情報があったらいいな~といったご感想など、コメントやメールフォームでお寄せください

最新の記事

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 現在時刻

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。