FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラエボ散策

曇りもしくは雨模様がつづき、天気予報によるとこのすっきりしない天気は人の気分にも良くないそう。

今日は何日ぶりかに太陽の顔を拝みました。おかげで気分も上々。
天気ってこんなに気分を左右するものかと実感。

ずいぶん前になりますが、秋晴れのある日に一人でフラフラ散歩に出かけました。
気持ちよく晴れていたので、どうせならサラエボを見渡せるところに行こうと思いついたのです。
地図を見て「記念碑公園」という、ちょっと気になるものを発見。

地図を確認しながら坂をずんずん登っていくと、フェデレーションとRSの境に来てしまいました。
(* 以前にも書きましたが、ボスニア・ヘルツェゴヴィナはボスニア・ヘルツェゴヴィナ連邦(通称、連邦;フェデレーション)とスルプスカ共和国(通称、RS)という二つの行政体(エンティティ)から構成されています。)

そのちょうど境に位置していたのがその公園。
RIMG0758.jpg



人があんまりいなくて落書きがいっぱい、ビール瓶やペットボトルが散乱、木が生い茂って少し薄暗い、というちょっと怖い雰囲気の公園。
写真に写っている建物はボロボロで中に入ってみる勇気はなかったです。


でも公園のちょっとひらけたところから見えるサラエボの景色はきれい。
サラエボが山に囲まれているのがよくわかります。
RIMG0766.jpg

RIMG0763.jpg

おもしろいのは、丘の頂上にあるこの公園を境にして、上の写真のようなサラエボ市街地と下の写真のようなのどかな村の風景の対照が見られること。

RIMG0764.jpg

何を記念する公園かというということであちこちにある記念碑を拾い読みしてみたところ、旧ユーゴスラヴィアの最高司令官ティトー元帥の言葉が刻まれています。

第2次世界大戦時にナチス・ドイツのファシズム勢力支配下に置かれていたサラエボの解放成功とサラエボ解放に尽力した指導者・兵士たちを称え、犠牲者を悼むというものらしいです。

RIMG0768.jpg

名前が刻まれた碑があったので、おそらくそれが犠牲者の名前なのでしょう。

私が公園内を散策している間、一人で散歩しているじいちゃん・ばあちゃん、なぜか上の写真にあるボロボロの建物の周りをランニングしている人、車で乗り付けてきて見学しているおそらく国際機関関係者のグループがいました。

しかし後でサラエボ出身の友人に聞いたら、危ないから一人で行かない方がいいそうです。
確かに雰囲気は決して良いとはいえませんでした。

ただこの公園、国またはサラエボの重要な文化財という認定を受けているらしいです。
公園管理・維持費に回す予算がないんでしょうが、それにしたってひどい有り様でした。残念。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

イエティ

Author:イエティ
BiHとはボスニア・ヘルツェゴヴィナ(Bosna i Hercegovina)の略です
日本人にはまだまだなじみのない国、BiHへの観光客が増えるといいなと思いつつ、地味に情報発信中
ご質問、こんな情報があったらいいな~といったご感想など、コメントやメールフォームでお寄せください

最新の記事

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 現在時刻

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。