Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファティマおばあちゃん

最近政局が混迷しているボスニア・ヘルツェゴヴィナ。
暇があればそのことについてまとめてみたいが、今日は違う話を一つ。

今日26日付けのOSLOBODJENJE(オスロボジェーニェ)紙で見つけた記事から。
http://www.oslobodjenje.com.ba/index.php?option=com_content&task=view&id=51918&Itemid=48


ファティマおばあちゃんは毎日、サラエボでいちばん賑わうフェルハディヤ通りで毛糸の靴下(この地方でよく女性が編む、独特の模様を持った部屋履き)を売っている。

身寄りがないファティマおばあちゃん。息子は亡くなっていて家族もいない。おばあちゃんは病気がち。
色んな施設に出向いてはみたけれど誰も助けてくれない。
唯一の収入は毛糸の靴下を売ってわずかながら得るお金。
パンや薬を買ってなんとか1日生き延びるためのお金。

昼間は通りで靴下を売り、夜は靴下を編む。
外国人がよく彼女の靴下を買う一方で、地元の人はほとんど通り過ぎていくか靴下を買うかわりに1KM,2KM(80-160円)置いていくとか。


余談;
サラエボの旧市街やフェルハディヤ通りを訪れたことがある人は必ず経験があると思うが、物乞いが多く見受けられる。
これはサラエボに限ったことではなく、ボスニアのどの街にも物乞いはいると思う。

物乞いのほとんどはロマ(あるいはジプシー)と呼ばれる人たちだが、ロマの人たち全てが物乞いをしているわけではない。

物を売ろうとする人もいるが、たいていはただ寄ってきてお金を要求する。
物乞いは小さな子どもから赤ちゃんを抱いた女性、年寄りまで色々いる。

こうした物乞いの中には、毎日色んな人から小銭をもらうことで生活が成り立ってしまうようなケースもあるようだ。


話を元に戻すと、このファティマおばあちゃんが言うには、
「物乞いをするよりも靴下を売る方がいい。物乞いは絶対にしない。自分ができるあいだは靴下を売る。後はなるようになる。」


私がサラエボで見ている限りでは、物乞いをする人たちの中には、そうしなくては本当に生きていけない人もいるだろうが、人にお金をもらうことで生活できてしまう、そういう状態に慣れてしまっている人もいると思う。
これを見分けるのは難しい。


でもファティマおばあちゃんは、物乞いで人からお金をもらって生きるいう道は選ばなかった。
見上げた精神だと思う。


この国の中心的な役割を担っている政治家たちは、この国のあり方について合意できず、不毛な話し合いに時間と金を費やしている。
その一方で社会の隙間にこぼれ落ちたファティマおばあちゃんのような人たちを手助けする話は一向に聞こえてこない。


Comment

 

プライドを持ちすぎるのもよくないけど、
人間として最低限のプライドと向上心は持ちたいよね。
どんな生活にあっても・・・

そこまで貧しい生活をしたことがないからわからないけど、
どんな状況でも自分を失ってしまってはおしまいだと思った。


  • posted by はるか 
  • URL 
  • 2007.11/28 01:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

はるか へ 

どんな状況にあっても誇りは失わない、私がこの記事を読んで心を動かされたのはまさにそこだったんだ。

一方で自分はどうかと、何か心を突かれる思いがしたよ。もちろんこのおばあちゃんのような苦境にいるわけじゃないけれど、身を引き締めなきゃなって思う。
  • posted by イエティ 
  • URL 
  • 2007.11/28 10:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

物乞いの人に限らず「(例え自助努力で何とかなるようなことでも)誰かが与えてくれるのを待っている」空気が日常生活に蔓延している中、おばあさんのように「自分ができる事をする」という姿勢に、こちらも何故か救われた気持ちになりました。

プライドを守る事って意地を張る事じゃなく、自分の置かれた状況で何が出来るかを考えベストを尽くす事なんじゃないか、と思います。

おばあさんの靴下、いつか履いてみたいです。
この寒さの中、風邪などひかれてないといいんですが


  • posted by Mic'o 
  • URL 
  • 2007.11/30 10:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

Mic'oさん へ 

「自分ができる事をする」、当たり前のようでこれがなかなか難しいことだと思います。
ましてこのおばあちゃんのように厳しい状況に置かれていて、それでも腐らずに前向きに、自分が生きていくためにできることをしようという姿勢に心を打たれます。


知人から毛糸の靴下を何足かいただいて持っているのですが、冬場大活躍です。
日本にお土産で持っていたら女性陣に大好評でした。

今度このおばあちゃんを見つけられたら、彼女の靴下を買おうと思っています。
  • posted by イエティ 
  • URL 
  • 2007.11/30 23:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

イエティ

Author:イエティ
BiHとはボスニア・ヘルツェゴヴィナ(Bosna i Hercegovina)の略です
日本人にはまだまだなじみのない国、BiHへの観光客が増えるといいなと思いつつ、地味に情報発信中
ご質問、こんな情報があったらいいな~といったご感想など、コメントやメールフォームでお寄せください

最新の記事

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 現在時刻

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。