FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はるばるインドネシアからボスニアへ! (後編)

前回は、ボスニアでは貴重なインスタントラーメン(↓インドネシアのですが)を買って食べた喜びについてお伝えしましたが、その話の続きです。

noodles.jpg


インスタントラーメンといえば日本が本家なんだし、種類も豊富でおいしい日本のインスタント食品がこちらでも手に入ればればいいのに・・・とよく思います。
しかしちょっと考えなければいけない点が。

上の写真にもう一度注目。
前回の記事にMic'oさんからもコメントいただいていますが、
袋にHALALと黒い文字が書かれているのが見えますね。

HALAL(ハラルまたはハラール)はイスラームの戒律で許されている物や行為のこと。
イスラームにおいて豚やアルコールが禁じられているのはよく知られています。
豚を原料とするものは一切禁じられている他、他の食べ物でも適切に処理・製造されたものがHALAL食品として認められます。

日本のインスタントラーメンの表示を見てみるとほとんどにポークエキスの文字が。
これだとイスラームを信奉するムスリムは食べられません。
日本の食品にはこうした豚肉由来のものが含まれていることが多いので、単純に輸入して売るというわけにはいきそうにありませんね。
だからこそ、ラーメンはラーメンでもこのようなインドネシアのHALALラーメン(?)が輸入されたんでしょう。

さて、自分が豚肉製品を食べるので無意識だったというのもありますが、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ(BiH)でのHALAL食品にまったく注目したことがありませんでした。
このラーメンに書かれているようなHALALという文字は、こちらの食品に書かれているのを見たことがありません(私が気づかなかっただけ?)。


お酒を飲むようなBiHのムスリムでも、豚肉は絶対食べません。
そうすると、普段買う食品には豚肉由来のものが含まれていたらいけないわけですよね。
しかし大事なことは、この国にはキリスト教(カトリックとセルビア正教)を信仰する人も一緒に住んでいるということ。
彼らは豚肉も食べます。

そこで気になるのは、地元の食品会社はやっぱりムスリムのことを考えて豚肉由来のものは避けているのかどうか。
それとも特別にムスリム向けのHALAL食品を作っているのかどうか。
隣国のセルビアやクロアチアで作られている食品はどうなんだろう。
豚肉由来のものが使われている食品はBiH市場に出回っているんだろうか。

今度から食品の表示に注目しようと思います。


ちなみにBiHではこのHALALを審査し認定する機関があります。
BiHのイスラーム共同体が2006年に立ち上げました。
この間も、いくつかの食品会社の食品が審査を通ってHALALの認定を受けたと新聞記事で見かけました。

この機関はBiHのみならず、隣国のクロアチア、セルビア、モンテネグロ、スロヴェニアにおけるHALAL審査もしています。
今のところ、BiH、クロアチア、セルビア、スロヴェニアの33社が審査に合格してHALALの認定を受けているそうです。
どの会社のどの製品がHALALなのかはホームページで確認できるようになっています。
HALAL認定ロゴマークもあるみたいなんですが、今度から製品にマークがあるか要チェックです。


それから忘れてはいけないのは、少数ながらもユダヤ教の人々も住んでいることです。
ユダヤ教でもイスラームと同じような食品にまつわる戒律があるそうですから、彼らもきっと食品には気を使っているはず。


こうなるとますます気になる食品事情。
これからの調査課題としましょう。

補足ですが、
日本の某大手食品会社がアジア向けに製造しているインスタントラーメンでは、こうしたそれぞれの宗教上の戒律に則ったものが作られているそうです。
・・・ということは、いずれヨーロッパそしてBiHに日本のインスタントラーメンが輸入される可能性にも期待したいものです。

Comment

 

そういえば、以前インドネシアかどこかで味の素の成分に豚のエキスが入っているので問題になりましたよね?

我が家でよく購入するウィンナー(ボスニア国産)はパッケージの下の方に「この製品には豚肉を使用しておりません」との表示があり、「ああ、イスラム教徒が多い国らしい表示だな~」と興味深くみていましたが、ハラル表示もあるのですね。(ちなみにそのウィンナーにはハラル表示らしきものはありませんでした)

自身がイスラム教徒も豚肉の混入には気を使われると思いますが、食事を出す方も豚肉が入ってないかチェックしないと大変な事になってしまいます。
個人的なお持て成しなら配慮できますが、大きなパーティーなんかに出席すると豚の丸焼きがメイン(合わせて羊が用意されている事もありますが)、そしてサルマなどに使われる挽肉にも豚肉を使う事が多いし・・申し訳ないですが、個人で避けて頂くしかないという場面もあります。
一番気になるのはキリスト教徒が多い地域でピザに使われるハムやチェパブ屋で使われている肉は大丈夫なのかという点。一緒に食事に行ってもそこまではこちらも気にしなかったし、「このハムは豚なのか?」と訊ねられた事もなかったですが、なるだけ避けるようにしているのかな?
  • posted by Mic'o 
  • URL 
  • 2008.11/02 14:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

>Mic'o さん 

先日購入したウィンナーにも同じように「豚肉不使用」という表示がありました。
気をつけて見るようになりましたが、まだHALALマークは見たことがありません。

私はまだ大きなパーティーに出たことがないのですが、これだけ色んな背景を持ったが人がいる場合は、おっしゃるとおり個人で気をつけるしか方法が無いように思えますね。

でも私の周りではそんなに細かくチェックしてる人がいません。
比較的イスラーム教徒の多いサラエボだからなんでしょうか。
チェヴァプチチなんか、実は何の肉が使われているか良く知らずにみんな食べてますからね(苦笑)
そういえば、バニャ・ルーカのチェヴァピには豚肉が使われているんでしょうかね。
ブーレックの肉は??
今まで気にしたことがありませんでした。

さすがに私の友人のサラエボっ子(ムスリム)がベオグラードの友人宅を訪れた際は、食事に出される肉が何の肉なのかいちいち確認してました。
  • posted by イエティ 
  • URL 
  • 2008.11/03 23:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

イエティ

Author:イエティ
BiHとはボスニア・ヘルツェゴヴィナ(Bosna i Hercegovina)の略です
日本人にはまだまだなじみのない国、BiHへの観光客が増えるといいなと思いつつ、地味に情報発信中
ご質問、こんな情報があったらいいな~といったご感想など、コメントやメールフォームでお寄せください

最新の記事

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 現在時刻

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。