FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっといい話

春のようなポカポカ陽気から一転、ここ数日は雨と強風の嵐のような天気。
そして今日は冬の天気が戻ってきた。
久しぶりに雪が降った。

天気の話ばかり書いていてもしょうがないので、新聞記事から話題をひとつ。


サラエボ中心部のとあるカフェにて起こったできごと。
ある紳士がカフェでウェイトレスにチップ代わりにスクラッチ式のクジをあげたそう。
銀色の部分を剥がしたら何かが当たったり当たらなかったりするあのクジ。

ウェイトレスは冗談としてそのクジを受け取り、その場ですぐに剥がしたそう。
すると・・・・

ここまで書くとどこかで聞いたような話で、その後の展開は容易に想像がつく。
そう、大当たり!!!
1000KM(500ユーロ弱)が当たった。
 (注:KMとはボスニアの通貨、コンヴェルティビルナ・マルカのことです)

当たりクジの贈り主の紳士はそれに対し、「分け前をよこせ」とは言わず、1マルクも請求せずに気前よく彼女に当たりクジを贈呈。太っ腹。

カフェのマネージャーは、「彼女(幸運なウェイトレス)はまだショックを受けていて、この件について話したがらない。こんなことはうちで今まで起こったことがないし、おそらくサラエボでも最も高額なチップだろうね」と語ったそうな。

ウェイター・ウェイトレスの仕事は、条件にもよると思うが、それほど高収入を得られる仕事ではないと思う。
1000KMというのは、おそらく彼女の月収の最低2倍はあるはず。
ボスニアでの平均月収は400~600KMくらいだと聞いているので。

この幸運が彼女に不幸をもたらさないことを祈るのみ(私が心配してもしかたのないことではあるけれど)。
ニュースを聞きつけて、彼女のもとにお金を求めて色んな人が集ってくるかもしれない。
そうなると最悪の場合、周りの人との人間関係が壊れる事態に陥るかも。


お金の話が出てきたついでに・・・

ボスニアのお金を紹介。
1998年にボスニア・ヘルツェゴヴィナの通貨としてコンヴェルティビルナ・マルカ(ドイツマルクとの兌換マルク)が導入された。
ドイツマルクが廃止された現在はユーロと連動している。
レートは1KM : 0,51129 EURO と固定されている。

こちらは硬貨の写真(ブレてて見えづらいですが)。
小さいものから5、10、20、50フェニング(補助通貨、1KM=100フェニング)、1、2、5KM。
ちなみに5フェニングと5マルク硬貨は2006年1月に発行された、新しい硬貨。5フェニングは時々見かけるが、5マルク硬貨は滅多に見かけない。
これまで2回しか見たことがなく、最近おつりで初めて自分の手元にやって来た。

RIMG0355.jpg

RIMG0356.jpg




こちらは紙幣の写真。裏側の写真も撮ってあったが紛失。
大きい方から200、100、50、20、10、5、1KM。
紙幣は200と1KMのものを除いて2種類のデザインがあるが、価値は同じ。

RIMG0307.jpg




ボスニア・ヘルツェゴヴィナは、内戦の和平協定により、中央政府の他に2つの政治体(エンティティと呼ばれる)に分けられている。
ボスニア・ヘルツェゴヴィナ連邦とスルプスカ共和国(セルビア人共和国)の2つ。

100、50、20、10、5KM紙幣はボスニア・ヘルツェゴヴィナ連邦とセルビア人共和国とで描かれている人物や物が違う。
ラテン文字がキリル文字の上に書かれていれば連邦側の、その逆であればスルプスカ共和国の紙幣と見分けらる。
(注:2種類あるからといって、例えば連邦側のデザインの紙幣を共和国側で使えないということはない)

ただし5KMに描かれている人物は同じで、ラテン文字とキリル文字が上か下かになっている違いしかない。

ウィキペディアを見てみたら、1KMも2種類デザインがあったと書いてあった。
しかしスルプスカ共和国側のデザインのもの(ノーベル賞作家のイヴォ・アンドリッチ)は印刷ミスのために一度も流通しなかったとか。

そのかわりかどうかは知らないが、比較的新しい200KM(2002年から流通)にはイヴォ・アンドリッチが描かれている。
しかし、高額な200KM紙幣を見かけることはけっこう少ない。

Comment

あげた人は後悔したかも(^^;) 

Mic'o@デルベンタ住人です
リンクありがとうございました。

1000KMとは現地だとなかなかの額ですね~。でも、親戚でもさりげなく宝くじで1500KM当たっている人もいるし、うちのオットもトトカルチョで数百KM当てたりしているみたいなので(ちなみにオットはサッカー詳しくありません)、1000KMレベルだったら宝くじが当たった事が不幸をもたらすまでにはいかないかも。
でも、ここまで有名になってしまうとちょっとした不快な事にも遭遇してしまうかもしれませんね。でも、現地新聞の取材に追われるのが最も迷惑なのかも・・
  • posted by Mic'o 
  • URL 
  • 2007.01/26 13:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

Mic'oさん、こちらこそリンクを承諾していただいてありがとうございました。

宝くじで1500KMってすごいですね!
ボスニアでは男の人がよくサッカーやスポーツの試合にお金かけてますよね(kladionicaっていうんでしょうか)。
私は賭け事に興味がないのでどんな種類があるのかとか全く知らないんです。
某D君も1、2KM賭けて時々買ってるみたいですが、当たってない様子。

20000KMくらいの大金を当てている人もいると聞くので(でも引取りに来ない)、確かに1000KMくらいなら不幸にはつながらないかもしれませんね。
  • posted by イエティ 
  • URL 
  • 2007.01/26 20:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

イエティ

Author:イエティ
BiHとはボスニア・ヘルツェゴヴィナ(Bosna i Hercegovina)の略です
日本人にはまだまだなじみのない国、BiHへの観光客が増えるといいなと思いつつ、地味に情報発信中
ご質問、こんな情報があったらいいな~といったご感想など、コメントやメールフォームでお寄せください

最新の記事

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 現在時刻

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。